本文へジャンプ

エピペン トップ > エピペンについて 保存・携帯に関する注意事項

エピペンについて 保存・携帯に関する注意事項

  • エピペンとは
  • エピペンの特長
  • 保存・携帯に関する注意事項

アナフィラキシーがあらわれたときに、いつでもエピペンを注射できるように、日頃からエピペンの適切な管理を心がけてください。

いつでも使えるように

  • 自宅ではエピペンを手の届く場所に置き、いつでも使えるようにしておいてください。

  • アナフィラキシーがあらわれたときにそなえて、外出時には必ず携帯してください。

  • 注射器の窓から見える薬液が変色していたり、沈殿物が見つかったりした場合は使用せず、新しいエピペンの処方を受けてください。

エピペンの保存方法

  • エピペンの有効成分であるアドレナリンは光に分解しやすいため、携帯用ケースに収めた状態で保存・携帯してください。
    日光の当たる高温下や夏場の車のダッシュボードの中には放置しないでください。

  • エピペンは15℃~30℃で保存することが望ましいため、冷蔵庫の中などの冷所には置かないでください。

  • 幼児の手の届かないところに保存してください。

エピペンを携帯するときの注意

  • エピペンはプラスチック製品なので、コンクリートなどの硬いところに落とすと破損する可能性があります。
  • 飛行機内にエピペンを持ち込む場合は、所持品検査時のトラブルを避けるため、予約時に機内に持ち込む旨を連絡しておくことをおすすめします。

このページの先頭へ


上部共通ナビゲーションに戻る