本文へジャンプ

エピペン トップ > エピペンについて エピペンの特長

エピペンについて エピペンの特長

  • エピペンとは
  • エピペンの特長
  • 保存・携帯に関する注意事項

エピペンは、使用前後に注射針が見えず安全性の向上した自己注射薬です。
注射器には、アナフィラキシーがあらわれたときの治療に用いられるアドレナリンの薬液と注射針が内蔵されており、オレンジ色の先端を太ももの前外側に強く押し付けるだけで、バネの力により、一定量(約0.3mL)の薬液が筋肉内に注射される仕組みになっています。

エピペン各部の名称と仕組み

エピペンは、注射針一体型の注射器です。注射器には薬液(アドレナリン)、安全キャップ等がセットされ、携帯用ケースに収められています。

連絡先シールの使い方

エピペンの注射後等に医師に連絡する際の連絡先を記載するシールです。新しいエピペンの処方を受けたら、必要事項を記入し、携帯用ケースに連絡先シールを貼ってください。

連絡先シールの貼付例

このページの先頭へ


上部共通ナビゲーションに戻る