エピペンについて

エピペンは、使用前後に注射針が見えず安全性の向上した自己注射薬です。注射器には、アナフィラキシーがあらわれたときの治療に用いられるアドレナリンの薬液と注射針が内蔵されており、オレンジ色の先端を太ももの前外側に強く押し付けるだけで、バネの力により、一定量(約0.3mL)の薬液が筋肉内に注射されるしくみになっています。

エピペン各部の名称としくみ

エピペンは、注射針一体型の注射器です。注射器には薬液(アドレナリン)、安全キャップ等がセットされ、携帯用ケースに収められています。

2種類の剤形

エピペンには、体重に応じた2種類の剤形があります。
製品には、エピペン注射液、携帯用ケース、練習用トレーナー、添付文書、使用情報、「使用期限切れ等お知らせプログラム」登録ハガキ、連絡先シールが含まれています。

  • エピペン注射液0.3mg

    黄色の製剤。エピペン注射液0.3mgは、
    体重30kg以上の方に処方されます。

  • エピペン注射液0.15mg

    緑色の製剤。エピペン注射液0.15mgは、
    体重15kg以上30kg未満の方に処方されます。

連絡先シールの使い方

エピペンの注射後等に医師に連絡する際の連絡先を記載するシールです。新しいエピペンの処方を受けたら、必要事項を記入し、携帯用ケースに連絡先シールを貼ってください。

「使用期限切れ等お知らせプログラム」に登録する
  • エピペンの使い方
    動画ダウンロード
   
TOP