本文へジャンプ

エピペン トップ > エピペンについて エピペンとは

エピペンについて エピペンとは

  • エピペンとは
  • エピペンの特長
  • 保存・携帯に関する注意事項

エピペンは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。
あくまでも補助治療剤なので、アナフィラキシーを根本的に治療するものではありません。エピペン注射後は直ちに医師による診療を受ける必要があります。

2種類の剤形

エピペンには、体重に応じた2種類の剤形があります。
製品には、エピペン注射液、携帯用ケース、練習用トレーナー、添付文書、使用情報、「使用期限切れ等お知らせプログラム」登録ハガキ、連絡先シールが含まれています。

エピペン注射液0.3mg

黄色の製剤。エピペン注射液0.3mgは、体重30kg以上の方に処方されます。

エピペン注射液0.15mg

緑色の製剤。エピペン注射液0.15mgは、体重15kg以上30kg未満の方に処方されます。

このページの先頭へ


上部共通ナビゲーションに戻る