エピペンについて

エピペンは、アナフィラキシーがあらわれたときに使用し、医師の治療を受けるまでの間、症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)です。
あくまでも補助治療剤なので、アナフィラキシーを根本的に治療するものではありません。エピペン注射後直ちに医師による診療を受ける必要があります。

エピペンが処方されている患者様でアナフィラキシーショックを疑う場合、
下記の症状が1つでもあらわれたら、できるだけ早期にエピペンを注射するとともに、救急車を呼びましょう。
エピペンを使用すべき症状
食物によるアナフィラキシー発現から心停止までの時間はわずか30分と報告されています。
食物アナフィラキシー発現から心停止までの時間(中央値)[海外データ]
エピペンを注射した後、下記のような症状があらわれることがあります。ご注意ください。
エピペンの主な副作用
まれに、呼吸をしにくい、脈拍数の増加、不整脈などの症状があらわれることがあります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。
上記以外でも気になる症状があらわれた場合には、医師または薬剤師にご相談ください。
「使用期限切れ等お知らせプログラム」に登録する
  • エピペンの使い方
    動画ダウンロード
   
TOP